エルコンドルパサー

エルコンドルパサー

Add: vonul53 - Date: 2020-12-18 20:19:14 - Views: 8518 - Clicks: 1724

ウマ娘 プリティーダービー公式ポータルサイトです。Cygamesが贈るメディアミックスコンテンツ『ウマ娘 プロジェクト』に登場するキャラクター『エルコンドルパサー』を紹介します。. スプリンターズステークスが行われる今週日曜日、フランスのパリ・ロンシャン競馬場では第99回凱旋門賞が行われる。今年はコロナ禍で無観客. 特にnhkマイルカップの覇者エルコンドルパサーはジャパンカップでスペシャルウィークを下し、前年の朝日杯を勝っていたグラスワンダーも故障.

競走成績; 開催日 レース名 開催場所 着順 騎手 コース・距離 タイム 1(2)着馬 (注釈); 1997年11月8日: 3歳新馬: 東京: 1: 的場均: エルコンドルパサー ダ1600. この年のフランスダービーを4馬身差で、アイルランドダービーを5馬身差で圧勝し、とにかく力のいる馬場にめっぽう強かった印象ですが、何よりも大きかったのは、『3歳馬で56キロの負担重量で出走できた』ことでしょう。 ただでさえ重たいヨーロッパの馬場でパワーが求められることに加えて、古馬との斤量差が3. 大体「○○コンドルパサー」と名前の頭部分を改変される。 凱旋門賞で対戦したブロワイエに関しては、史実通りであればモンジューとも言われている。どうやら、海外競走馬に関しては版権の関係上で名前が使えなかったようだ。 史実のオフサイドトラップの役目も、エルコンドルパサーに置き換えられ抹消されてしまっている。 此方に関して言えばエルコンドルパサーと馬主が同じなので「名前の使用許可が下りなかった」のが理由とは考えにくい。逆に言えば、同じ馬主だからこのような展開が可能になったとも考えられる。.

エルコンドルパサーは1995年3月、アメリカのケンタッキーのレーンズエンド牧場にて生まれた。 母サドラーズギャルはオーナーの渡邊隆氏がヨーロッパで購入したサドラーズウェルズ産駒で、レーンズエンド牧場はその預託先であった。. 父Kingmambo 母Saddlers Gal 母父Sadler&39;s Wellsという血統。ノーザンダンサーの3×4を始めとするかなりの近親配合でダビスタでさえ「危険な配合です」と言われかねない血統だった(血統詳細)。やや重苦しい欧州の一流種牡馬が血統表に並んでおり、同馬がヨーロッパ競馬にあっさり適応出来たのはこのためだったのかもしれない。 新馬戦、500万条件とダートレースを物凄く強いレースっぷりで勝つ。ちなみに500万条件出走時。休み明けの事もあってエルコンドルパサーはそもそも大きなお腹にでっぷり肉が付き、冬毛ボーボー。ロバだか牛だか分からないような酷い馬体だった。新聞ではグルグルマークが一杯付いていたが、こんなん走る筈無いと思ったら、ダート1800mしかも中山で9馬身差圧勝。目が点になったものである。 これは強いぞということで芝への挑戦。共同通信杯に登録したらなんとこれが雪でダート変更。当然圧勝して次走ニュージーランド4歳ステークスでようやく芝で走ることが出来た。これもあっさり勝つ。 この年のNHKマイルカップは前年の2歳馬チャンピオン、グラスワンダーで仕方が無いというレースだったのだが、なんとグラスワンダーは骨折して戦線離脱。ならばもう、この馬しかいないよね。ということでエルコンドルパサーは1.8倍の一番人気。そして完勝。なんというか、この時点で鬼の様に強いな、とみんな思っていた。 しかし、朝日杯で驚異のレコードを叩き出したグラスワンダーとどちらが強いかと聞かれると、どっちかというとグラスかな?と思っていた事も事実である。両馬の手綱を取っていた的場均騎手がグラスワンダーを選んだ(色々あったらしいが)ことも影響して、初の直接対決となった毎日王冠ではグラスワンダーに人気で遅れをとっていた。 だが、今では伝説となっているこのレースで、サイレンススズカに詰め寄る2着に入る。グラスワンダーに先着した事で3歳外国産馬最強の座を証明したのであった。 そして、次走をなんとジャパンカップに選ぶ。エルコンドルパサーはここまでm以上の距離を走った事が無かったが、馬主である渡邊氏が二ノ宮調教師に、ジャパンカップではなく実績のあるマイルGⅠのマイルチャンピオンシップにでた方がいいのかと尋ねたところ 「どちらに出ても勝ちます、どちらがいいですか?」 との答えが返ってきた. アメリカからやってきた帰国子女。クラスはスペシャルウィークやグラスワンダーらと同じC組。 口調の端々に英語が混じるが、どこかインチキ臭く、みんなから「本当にアメリカ生まれなの?」と、密かに経歴を疑われている。 明るく活発な元気娘。時に暑苦しいくらいの燃える闘魂の持ち主。故郷のアメリカやヨーロッパに凱旋し、名実ともに世界最強のウマ娘になるのが夢。 好きなものはプロレス観戦と激辛料理。趣味はフラメンコギター。学生寮で内緒でコンドルを飼っていて、ルームメイトを困らせているらしい。 アニメ公式サイトanime-umamusume. エルコンドルパサーは、ダートで一流馬を次々と輩出すると思っています。 現状の日本競馬の番組が芝重視であることは否めませんから、エルコンドルパサーが4歳春からああいった路線を選択したのは必然です。. 性格のせいか感情が良く表れる為、喜んだりする度に視聴者からヨロコンドルパサーと呼ばれる。 他にもオチコンドルパサー、ヘコンドルパサー等々. エルコンドルパサー (ウマ娘)とは、「 ウマ娘 プリティーダービー 」の登場 キャラクター 。 実在 の 競走馬 、 エルコンドルパサー を モチーフ とする ウマ娘 である。. 1995年生まれ。アメリカ・ケンタッキー州出身。馬主の明確な意図の下、現代の基準ではかなり濃い目の近親交配によって生みだされた。 1998年、NHKマイルカップ、ジャパンカップ優勝。JRA賞最優秀4歳牡馬受賞。 1998年11月29日 東京競馬場 実況:三宅正治(フジテレビ) 1999年より渡仏し、サンクルー大賞、フォワ賞優勝。凱旋門賞、イスパーン賞2着。JRA賞最優秀5歳以上牡馬、年度代表馬受賞。中でも凱旋門賞はあと1歩のところでモンジューに差し切られた。 年から種牡馬。年死去。3世代の産駒からヴァーミリアン、ソングオブウインド、アロンダイトのG1馬を輩出している。 年JRA顕彰馬に選定された(殿堂入り)。 スペシャルウィークとの対戦はジャパンカップの1度だけだが、スペシャルウィークがきさらぎ賞を除外された場合、共同通信杯に出走する可能性もあった。ダート1600m不良馬場という状況を考えると、アニメ第1話のような結果になったと思われる。 グラスワンダーとの対戦は第49回毎日王冠の1度だけ。セイウンスカイ、キングヘイローとは対戦していない。尚、NHKマイルカップまでの主戦騎手は的場均だったが、同じく的場均が騎乗していたグラスワンダーが毎日王冠で復帰する為、このレース以後、主戦騎手が蛯名正義に変わっており、毎日王冠では的場騎手からの乗り変わりが影響し、人気ではグラスワンダーに遅れを取った。勿論、サンクルー大賞と凱旋門賞も蛯名騎手が騎乗している。 メジロドーベルには年に種付けし、翌年メジロヒラリー(牝)が生まれている。.

【ジャパンCアーカイブ99年】エルコンドルパサーを下した凱旋門賞馬モンジューを迎え撃ったスペシャルウィーク (スポーツ報知) 11月27日 20:54. 5キロの斤量)も間違いなくあると思いますが、この年に関しては『近年稀に見るほど悪化した不良馬場』と、『勝ち馬との2400mに対する距離適性』が大きな敗因として挙げられると思います。 この年は凱旋門賞史上最悪の不良馬場と言われたように、パワーのある欧州馬でもレース途中に次々と脱落していくほど力のいる馬場になっていました。 例年だと2分25~26秒台の決着になることが多い凱旋門賞において、この年の勝ち時計が2分38秒5という数字からも、どれだけ力のいる馬場だったかが分かると思います。 さらに血統面においても、モンジューとエルコンドルパサーには大きな違いがありました。 パワーに富み、2400mがピッタリとも言えるサドラーズウェルズ産駒のモンジューに対して、どちらかと言えばスピードタイプで、決して2400mがベストとは言えないエルコンドルパサーが、斤量差や馬場といった厳しい条件の中モンジューと互角以上に渡り合ったのは、それこそ『快挙』と言えるのではないでしょうか。 翌日のフランスの競馬新聞の一面で、『今年の凱旋門賞には. エルコンドルパサー(1995年 3月17日 - 年 7月16日)は、アメリカ合衆国で生産され日本で調教された競走馬、のち種牡馬。 日本人実業家・ 渡邊隆 による生産所有馬で、1997年に 中央競馬 (JRA)でデビュー。. エルコンドルパサーの母親であるサドラーズギャルですが、イギリスのセリ市に上場予定だったものの欠場し母国であるアイルランドに戻ってしまいました。 しかしこの馬の購入を諦めきれなかった生産者は、アイルランドの牧場まで代理人を派遣して交渉させ、結果的に購入することに成功しました。 この生産者の執念が、後に日本競馬にとって悲願の『凱旋門賞制覇』に向けての足掛かりになったのは言うまでもなく、その道筋を作ったエルコンドルパサーとその関係者の功績は非常に大きいものであると思います。. エルコンドルパサーは米ダートでも見てみたかったな 63: 名無しマン ID:lbQgXUIf0 グラスは得意中の得意な条件でようやくエルコンとなんとか勝負になる程度の能力しかないよ. エルコンドルパサーの評価はほとんどが後付け それでも未だにエポックメーキング的な存在ではある 40 : /04/24(金)02:50:55 ID:PhZqgX7P0. 海外のGⅠレースにおいて短距離では通用していたものの、クラシックディスタンスにおいては世界と大きな能力差があった中、4歳シーズンをヨーロッパで過ごし、そこでトップクラスと互角以上の競馬を見せたエルコンドルパサーは、まさに日本競馬が世界と互角に戦えることを自らの走りで証明した国際化の先駆け的存在と言えるでしょう。 いつの日か訪れるであろう日本馬の凱旋門賞制覇の時に、そこへ続く道筋を残してくれたエルコンドルパサーの功績は、改めて評価する必要があり、これから先の競馬界において語り継いでいく必要がある1頭と言えるでしょう。. 17生 米国・タカシ・ワタナベ氏生産 馬主・渡邊隆氏 美浦・二ノ宮敬宇厩舎 エルコンドルパサー(1995.

17)の4代血統表 Kingmambo 鹿毛 1990. ホースデータ 降臨馬 ガチャ馬 ドロップ馬 イベント限定 エルコンドルパサー(オス) 属性 副属性 タイプ 副タイプ レアリティ コスト 天 - スピード 中距離 s☆5 15 レベル スピード スタ. )。 続くジャパンカップでも史実通りに優勝。エアグルーヴ・スペシャルウィークと共に日本勢上位独占。この勢いで渡仏。 9話では世界最高峰のレース、凱旋門賞に出場。 スタートから端を切って逃げ、必死の粘りを見せるもフランスのブロワイエに差され2着。. 上記に挙げた2頭とも初重賞勝ちをGⅠであげたように、エルコンドルパサー産駒にはクラスが上がっても格負けせずに、むしろ強い相手の方がより底力を発揮するような力強さがありました。 より特徴を伝えるため上記2頭を挙げましたが、他にも中央・地方を含めてGⅠ9勝をあげたヴァ―ミリアンや、10歳でステイヤーズSを制したトウカイトリックなど、高齢になっても成長力を感じさせる産駒も数多く、また、芝・ダートを問わず幅広く活躍する産駒を輩出するマルチプレイヤーな面も特徴と言えるでしょう。 3世代しか産駒が残せずに早世してしまったのが非常に惜しまれますが、もし無事なら今でも安定してリーディング上位を争う大種牡馬となっていたと思います。. レース前ではこの3頭で. エルコンドルパサーが産まれたこの年の競走馬は極めてレベルが高かった。 エルコンドルパサーを筆頭に、グラスワンダー、スペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイロー、エアジハードなど顔ぶれが豪華である。. 最強のオールラウンダー。 3歳でジャパンカップを完勝すると、翌年にはフランスに長期滞在し欧州の王道路線を歩む。. 日本ダービーでスペシャルウィーク・エルコンドルパサーを同着にした理由とは? 本日公開されたウマ娘のラジオぱかラジッのコーナー「伊藤pのアニメ指数」で話にあがってたので紹介させてもらいます。.

See full list on keibainfo. (by アオシマバクシンオー)」と言わんばかりに、史実通りデビューから無傷でNHKマイルカップを制覇した後、当時外国産馬が出走できなかった日本ダービーへ挑み、スペシャルウィークとの同着優勝(マイルカップとダービーの変則二冠)。 秋、毎日王冠の出走を宣言するも、「影さえ踏めなかった(by 蛯名正義)」と言わんばかりに完敗。これが自身初の敗北。 天皇賞(秋)では1番人気のサイレンススズカが故障発生で競走中止する中優勝を決め、不本意な形ながら史実で遂に勝てなかった相手への雪辱を果たす(史実では当時外国産馬に、日本ダービー・天皇賞を含む、一部のG1レースへの出場資格がなかった為、エルコンドルパサーの場合、毎日王冠でサイレンススズカに敗れてからジャパンカップに直行している。史実の第118回天皇賞(秋)における本来の優勝馬であったオフサイドトラップは犠牲になったのだ. エルコンドルパサー 牡 黒鹿毛 1995. これまでNHKマイルC勝ちを含む6戦5勝2着1回とほぼパーフェクトな成績を残していたエルコンドルパサーですが、ジャパンカップに臨むにあたって1800mまでしか距離経験がなく、さらに同世代のダービー馬スペシャルウィークと、牡馬に混じって天皇賞・秋を勝った最強牝馬エアグルーヴも出走してきたこともあり、当日のエルコンドルパサーは3番人気でした。 当時はまだ3歳でジャパンカップを勝った馬がいなかったのも人気に影響したのではないでしょうか。 しかし、レースで見せたエルコンドルパサーのパフォーマンスは距離不安など微塵も感じさせない素晴らしいものでした。 終始2、3番手をリズム良く追走し、直線早め先頭から後続を全く寄せ付けない非常に強い内容での快勝で、オーナーをはじめとする関係者に世界での戦いを意識させるには十分すぎる内容でした。 エルコンドルパサーの競走生活において、間違いなくターニングポイントとなったレースがこのジャパンカップでした。. 5キロあったのはモンジューにとって間違いなく有利に働いていたと思います。 翌年のキングジョージも完勝したように、モンジュー自身が素晴らしい能力の持ち主であったことは間違いありませんが、少なくとも3歳の時点でのエルコンドルパサーとの能力差はほとんど同じか、エルコンドルパサーの方が上だったと今でも思っています。. エルコンドルパサーの史実産駒は以下の14頭です。 性別が 青 は牡馬、 赤 は牝馬、地域が 緑 は海外史実馬となります。 産駒名をクリックで詳細データに移動します。. 凱旋門賞当日のエルコンドルパサーはモンジューに次ぐ2番人気に支持されていました。 実績的に、本来ならばキングジョージを含むGⅠを3連勝していたデイラミが2番人気に推されるべきでしたが、この年は稀に見る不良馬場となっており、ギリギリまで出走を迷っていたのが微妙に人気に影響したのではないでしょうか。 モンジューはここまで7戦6勝2着1回とほぼパーフェクトな成績で前哨戦を制し、さらに血統的に馬場が悪くなるのは大歓迎のタイプだけに、1番人気に支持されたのは納得でしょう。 どちらにしても日本馬が初めて勝ち負けを意識できる程の人気に推され、競馬の本場フランスの有力馬と同等の評価を得たといった意味でも、日本競馬にとって歴史的な一日だったと言えそうです。.

More エルコンドルパサー videos. See full list on dic. エルコンドルパサーの配合はアメリカの競馬誌『 デイリーレーシングフォーム 』において「 フェデリコ・テシオ 、 マルセル・ブサック に続く (Move over Federico Tesio and Marcel Bussac)」、「比類なき配合によって、エルコンドルパサーは非常に重要な種牡馬となるだろう (With his incomparable pedigree,El condor pasa should be very important stallion)」と高い評価を受けた 。. 1秒差をつける圧勝を飾りました。 なお、このレースで2着だったマンダリンスターが次走の新馬戦を圧勝し、その後京成杯(GⅢ)を勝ったこともエルコンドルパサーの評価を一層高くする要因となりました。. jpより アニメ第1話から登場。セイウンスカイ(ウマ娘)、キングヘイロー(ウマ娘)も同じC組。 チームリギルの入部テストではスペシャルウィーク以下に大差をつけて1着。 「強い者は強い! 1999年の年度代表馬エルコンドルパサーの出現によって。 1998年のジャパンC。 3歳でジャパンCを制した日本馬はエルコンドルパサーが初である。.

1998年11月29日1 エルコンドルパサー2 エアグルーヴ3 スペシャルウィーク4 チーフベアハート5 マックスジーン. さてJRAには顕彰馬という制度があり、エルコンドルパサーはもちろん同期のスペシャルウィークらと共に顕彰馬入りが期待される存在となった。 しかし、エルコンドルパサーは日本での実績はGⅠ2勝と顕彰馬としてはやや物足りないが、海外で残した実績は日本馬としては今でも屈指の実績を持ち顕彰馬に相応しいとする意見に説得力があるという割と微妙な立場であった。 それでいて6割前後は安定して票数を持っていき、ディープインパクトやテイエムオペラオー、ウオッカというような誰もが納得するくらいGⅠを勝ちまくったり圧倒的な成績を残した馬でもいない限り何故か該当馬なしなどの無効票が増えるという、一部の選考委員に嫌われているかのような扱いを受け続けていた。 エルコンファンのみならず、顕彰馬選定から漏れそうなギリギリの位置にいた馬のファンからもいろんな意見が噴出したが最終的には「早く選ぶなら選んでしまえ選考委員」という結論になった。 WikipediaでGⅠ4勝で顕彰馬入りの目安を満たしているのにほとんど票を獲得できずにいるマヤノトップガンの項目にわざわざ顕彰馬入りについての恨み節的な記事を書かれるあたり、ある種「門番」と化した彼が選考委員のせいでファンに邪険にされてしまったのは事実である。 そんなこんなで彼が逝ってから12年の月日が経った年、ようやく選考委員も観念したのか顕彰馬に選ばれた。この後にオルフェーヴルとジェンティルドンナ、ロードカナロアが続いているが、これ以外で選出に必要な得票を獲得できる馬は出ていない。ブエナビスタやスペシャルウィークは毎年90票前後の「定位置」におり、未だに選出されていない。令和元年にはキタサンブラックがあと一歩となる140票を獲得している(この年の選出には145票必要だった)。. コンドルは飛んでいく(コンドルはとんでいく、 El Cóndor Pasa )とはアンデスのフォルクローレの代表的な楽曲である。 1970年にアメリカ合衆国のフォークロック デュオ、サイモン&ガーファンクルによってカバーされ日本やその他の国々に広く知られるようになった。. 芝での活躍のイメージが強いエルコンドルパサーですが、デビューから3戦目まではダート戦での連勝を飾っていました(3戦目の共同通信杯は降雪の影響で芝→ダートに変更)。 そのダートのデビュー戦で見せた圧巻の走りは、今もなおエルコンドルパサーのベストレースとして挙げる人が多いほど、衝撃的な圧勝でした。 スタートで出遅れ、3コーナーを迎える辺りでもただ1頭離れた最後方を追走し、観戦に来ていたオーナーが『もう帰ろうかと思った』と言うほど通常なら惨敗する展開でしたが、4コーナーでいつの間にか先団に取り付くと他馬とはレベルの違う末脚で、直線だけで後続に1. メジロドーベル(ウマ娘) - 年に種付け マンハッタンカフェ(ウマ娘)(年13着)・ナカヤマフェスタ(ウマ娘)(年2着、年11着) - 蛯名正義と共に凱旋門賞に挑戦したウマ娘。蛯名正義はエルコンドルパサーも含め、凱旋門賞に計4回挑戦している。また3頭とも凱旋門賞を最後に引退したという共通点がある。.

/55/fcb3772cdb /6abfc53627ae/177 /d34ed3373c2 /589114-206

エルコンドルパサー

email: [email protected] - phone:(300) 157-6669 x 4400

ウディ・アレン コレクションBOX - 犬いなる遺産

-> 魔女がいっぱい
-> ウイニング ライド

エルコンドルパサー - DUST


Sitemap 1

忘却のサチコ - モンテカルロラリー